概要

−OCM歌唱発声法とは−
『ヴォーチェ・ディ・フィンテ』(ファルセットを基盤とし、透明感があり倍音をたくさん含んだ声)を基盤にした、 人の声が重なり広がるハーモニーを作るのに最も適した発声法です。
このOCM歌唱発声法を習得・実体験いただくため、2004年東京から始まって以来大好評を博し、 その後名古屋、京都、大阪へと開催地を広げてきた「当間修一合唱講座」。 本講座では、発声のしくみ、呼吸、母音の発音など、発声法レクチャーと実践的なレッスンを通じて、倍音を意識した、 整えられた明るく広がりのある響きを目指します。より合唱を楽しむためのアドバイスが詰まった、 充実した講座となっております。合唱初心者の方からベテランの方まで、どうぞ奮ってご参加ください!


当間修一合唱講座プロモーションビデオ
(提供/作成:名古屋ビクトリア合唱団)

日程:2016年8月5(金)〜8月7日(日)

8/5(金)  OCM 発声法レクチャー
 時間:夕方〜終日
 会場:日本福音ルーテル大岡山教会 [案内図]
8/6(土)  個人レッスン
 時間:午前〜終日
8/7(日)  アンサンブルレッスン
 時間:午前〜終日

受講料・聴講料は各日の詳細、または こちら をご参照ください。

♪ 東京・名古屋・京都での受講・聴講は組み合わせてお申し込み頂けますが、その旨ご相談下さい。可能な限り対応いたします。>>詳細
♪ 単日の受講・聴講も可能ですが、レッスンを有意義なものにするため、個人レッスンを受講される方には、 原則1日目の発声法レクチャーの受講をお願いしております。 (レクチャー・個人レッスンの両者を受講いただける方を、優先して受付いたします。)
♪ 全講座参加の場合には割引があります。

お問い合わせ・お申し込みは こちら をご参照ください。

2016.08.05(Fri) OCM発声法レクチャー

時間:夕方〜終日 
会場:日本福音ルーテル大岡山教会

講師:当間修一

スライドを用いたプレゼンテーションにより、当間修一率いる大阪コレギウム・ムジクム(OCM)をはじめ、多くの合唱団等で実践されてきた発声メトードを、体系的に解りやすく解説します。
個人レッスン・アンサンブルレッスンの基礎ともなりますので、ぜひご参加ください。

※当講座では、当間修一著「ヴォーチェ・ディ・フィンテとその実践」(全音楽譜出版社)をテキストとして使用いたします。 お持ちでない方は、ご購入いただけますようお願いいたします。 >>テキストについて

<受講料>  一般:3,500円 / 学生:2,500円 / 高校生以下:1,500円

2016.08.06(Sat) 個人レッスン

時間:午前〜終日 
会場:日本福音ルーテル大岡山教会

講師:当間修一 / 倉橋史子

人によってそれぞれ異なる発声の課題・悩みを診る個人レッスンを、公開形式で行います。 受講された方はもちろんのこと、聴講された方からも『レッスンによって声が変わっていくのが大変参考になった!』と感動の声を多数いただいています。

※1人30〜40分程度のレッスンです。
※当講座では、当間修一著「ヴォーチェ・ディ・フィンテとその実践」(全音楽譜出版社)をテキストとして使用いたします。 お持ちでない方はご購入いただけますようお願いいたします。 >>テキストについて
※受講には<五線譜のノート>をご用意下さい。
個人レッスンを受講される方には、原則1日目の発声法レクチャーの受講をお願いしております。
 (レクチャー・個人レッスンの両方を受講いただける方を、優先して受付いたします。)

※公開レッスン形式となりますので、実際にレッスンを受けていただく「受講」と、 会場でレッスンの模様をご覧いただく「聴講」のいずれかをお選びいただけます。
※「受講」でお申し込みの方は、他の受講生の方のレッスンを聴講していただけます。
※受講料には聴講料が含まれます。

<受講料>  一般:6,000円 / 学生:4,500円 / 高校生以下:3,500円
<聴講料>  一般:2,000円 / 学生:1,500円 / 高校生以下:1,000円

2016.08.07(Sun) アンサンブルレッスン

時間:午前〜終日
会場:日本福音ルーテル大岡山教会

講師:当間修一

グループで合唱曲を実際に歌っていただき、当間修一がレッスンを行います。 発声メトードの応用として、音楽づくりの実践をご体験ください。
<個人でのお申し込み>と<グループでのお申し込み>の2つの受講方法があります。

◆個人でのお申し込み
 以下の課題曲からご希望の曲を伺い、当日グループを組んで受講していただきます。

  課題曲 (出典)  作曲 / 編曲
- 故郷 (「ヴォーチェ・ディ・フィンテとその実践」 より) 当間修一 編曲 
- Ave Maria for 4 voices T.L.de ビクトリア 作曲 

※お申し込みの状況により課題曲の調整をさせていただきますため、ご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。
◆グループでのお申し込み
 事前にグループを組んでレッスン曲を練習の上、受講いただきます。
 レッスン曲は、2〜3分以内のアカペラ作品を自由にお選びください。
 グループでのお申し込みの場合、当日事前練習の時間がありません。予めご了承下さい。
※当講座では、当間修一著「ヴォーチェ・ディ・フィンテとその実践」(全音楽譜出版社)をテキストとして使用いたします。 お持ちでない方は、ご購入いただけますようお願いいたします。 >>テキストについて

※公開レッスン形式となりますので、実際にレッスンを受けていただく「受講」と、 会場でレッスンの模様をご覧いただく「聴講」のいずれかをお選びいただけます。
※「受講」でお申し込みの方は、他の受講生の方のレッスンを聴講していただけます。
※受講料には聴講料が含まれます。

<受講料> 一般:5,500円 / 学生:4,500円 / 高校生以下:3,500円
<聴講料> 一般:2,000円 / 学生:1,500円 / 高校生以下:1,000円

講師プロフィール

講師 / 当間修一 「東京コレギウム・ムジクム合唱団」主宰・常任指揮者
「大阪コレギウム・ムジクム」主宰・常任指揮者

指揮者。「(社)大阪コレギウム・ムジクム」主宰。
大阪音大在学中よりバッハの音楽に傾倒、オルガニスト及び通奏低音奏者として研鑽を積む。1975年大阪コレギウム・ムジクムを設立。 76年室内オーケストラ「アンサンブル・シュッツ(現シンフォニア・コレギウムOSAKA)」を創設。また、同じ頃、新しい発声法、 新しい運営法、新しい合唱メトードを生み出し、翌77年「大阪コレギウム・ムジクム合唱団」、 その後その核となる「大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団」を創設。 以降常任指揮者として世界でも類をみない合唱団、オーケストラへと発展させ、 国内外で高い評価を得ている。2013年「一般社団法人 大阪コレギウム・ムジクム」に法人化。
「ハインリッヒ・シュッツの作品の演奏」を活動の1つの柱にし、その作品を日本に紹介し続けるとともに、合唱団とオーケストラにおいて、 ルネサンスから現代音楽までの魅力ある作品を「現代に生きる」演奏で紹介し続けている。 1989年〜2004年に5度のヨーロッパ、ドイツ公演を行う(ケストリッツ/シュッツ協会、及び中央ドイツラジオ放送夏季音楽祭などに招かれる)。
これまでに33タイトルのCDをリリース。2008年には「OCM歌唱発声法 改訂版」テキスト、「OCM歌唱発声体操」DVDを発表。 2009年カワイ出版より混声合唱曲集「日本・こころのうた(春夏編、秋冬編)」(鈴木憲夫/当間修一・共編)を刊行。 2012年1月全音楽譜出版社より無伴奏混声合唱曲集「この愛しきものに」(当間修一作品集)を刊行。 2013年、テキスト「ヴォーチェ・ディ・フィンテとその実践」(全音楽譜出版社)およびDVD 「ヴォーチェ・ディ・フィンテによる合唱のための声づくり」(ブレーン株式会社)を刊行。 2015年、I.シュタイン原著「ハインリヒ・シュッツ―その生家500年の歴史―」邦訳版(東京図書出版)を監修・刊行。
「東京コレギウム・ムジクム合唱団」主宰。「京都C.モンテヴェルディ合唱団」、「名古屋ビクトリア合唱団」、女声合唱団「りんどう」、女声合唱団「コーロ羽衣」の音楽監督。 大阪府立大学混声合唱団「EWA CHOR(エヴァ・コール)」の技術顧問。大阪薬科大学混声合唱団の音楽アドバイザー。 川西音楽鑑賞同好会の講師。NHK全国学校音楽コンクール、全日本合唱連盟合唱コンクール、宝塚国際室内合唱コンクールなどの審査を務めた。
1996年大阪文化祭賞奨励賞、1998年文化庁芸術祭音楽部門優秀賞、2001年ABC音楽賞「クリスタル賞」受賞。2003年関西合唱連盟より「長井賞」を受賞。 2011年大阪文化祭賞グランプリを受賞。2014年「第49回大阪市市民表彰」文化功労部門にて表彰。

講師 / 倉橋史子 「大阪コレギウム・ムジクム合唱団」コーアマスター

「大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団」「大阪コレギウム・ムジクム合唱団」コーアマスター及びソリスト。 大阪H.シュッツ声楽アンサンブルメンバー。大阪コレギウム・ムジクム主催「合唱教室」講師。 約20年に渡り、当間修一の発声法に基づくレッスンを行い、多数の発声指導を行う。 東京・名古屋・京都の合唱講座でも当間修一と共に講師を担当する。 大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業、矢野蓉子氏に師事。 ソリストとして、主に宗教曲、リートをレパートリーとして確固とした地位を築き、その音楽性は国内のみならずドイツ公演でも高く評価された。 大阪府立大学混声合唱団「EWA CHOR(エヴァ・コール)」、大阪薬科大学混声合唱団、京都外国語大学混声合唱団「ソレイユ」、 女声合唱団「りんどう」、女声合唱団「コーロ羽衣」のヴォイストレーナー。

テキストについて

当講座では2013年に発売されました、


『合唱のためのメソッド
 あなたの声帯が生かされる発声法:ヴォーチェ・ディ・フィンテとその実践
 ―歌唱の明確なイントネーションと純粋ハーモニーのために―』

 当間修一 著
 出版:全音楽譜出版社
 定価:本体1600円+税

をテキストとして使用いたします。
受講にはこちらをご用意いただけますよう、お願い申し上げます。

◆ご購入方法
 テキストのご購入は、合唱楽譜の専門店 パナムジカ をご利用ください。
 また、全音オンラインショップ、その他全国の楽器店・楽譜店等でお求めいただけます。

会場について

日本福音ルーテル大岡山教会 [案内図]
 東急目黒・大井町線 大岡山駅 徒歩約8分

受講料・聴講料について

 ◆OCM発声法レクチャー  受講料 一般:3,500円 / 学生:2,500円 / 高校生以下:1,500円 
 ◆個人レッスン  受講料 一般:6,000円 / 学生:4,500円 / 高校生以下:3,500円 
 聴講料 一般:2,000円 / 学生:1,500円 / 高校生以下:1,000円 
 ◆アンサンブルレッスン  受講料 一般:5,500円 / 学生:4,500円 / 高校生以下:3,500円 
 聴講料 一般:2,000円 / 学生:1,500円 / 高校生以下:1,000円 

<3日間受講割引>
全講座参加の場合は割引があります。
3日間とも受講の場合は、合計より1,000円引きとなります。
3日間で受講+聴講の場合は、合計より500円引きとなります。

当間修一合唱講座 in 名古屋 / in 京都

東京・名古屋・京都での受講・聴講は組み合わせてお申し込み頂けますが、その旨ご相談ください。可能な限り対応させていただきます。
名古屋、京都での受講の詳細は、各団体のホームページをごらんください。

◆当間修一合唱講座 in 名古屋 Vol.8   主催:名古屋ビクトリア合唱団

 7/29(金)  OCM 発声法レクチャー  会場:ロゴスセンター
  (南山大学名古屋キャンパス内) 
 7/30(土)  個人レッスン 
 7/31(日)  アンサンブルレッスン 

◆当間修一合唱講座 in 京都 Vol.7  主催:京都C.モンテヴェルディ合唱団
 8/26(金)  OCM 発声法レクチャー  会場:ひと・まち交流館  (京都市下京区) 
 8/27(土)  個人レッスン  会場:日本基督教団 室町教会  (京都市上京区) 
 8/28(日)  アンサンブルレッスン 

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせはこちらのアドレスよりお願いいたします。
info-tcmc@collegium.or.jp

(件名に[kouza]の文字を含めていただくようお願いします)

お申し込みの場合は以下のフォーマットにてご連絡ください。追って詳細をお送りいたします。

----- 申し込みフォーマットここから -----
お名前:
お名前(ふりがな):
ご希望の講座:
メールアドレス:
ご住所:
電話番号:
申し込み区分:一般 / 学生 / 高校生以下
所属団体:
----- 申し込みフォーマットここまで -----

※名古屋・京都での講座と併せて受講を希望される場合はその旨ご記入ください。
※メールの受信設定により、当団からのメールが届かない場合や、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう場合がありますのでご注意ください。
※このご連絡だけではお申し込みの完了とはなりません。受講料のお振込みをもちまして、お申し込みの完了となります。

それでは、多くのみなさまのご受講・ご聴講をお待ちしております!